こむはうす麻雀大会2013年02月08日 10:09


 今日は久方ぶりにコムハウスの麻雀大会を開催しました。前回大会は震災

前でしたので二年ぶりの開催となりました。出場者は女性7名、男性4名の計

11名、変則3卓(4人卓×2&3人卓)での実施です。

 60分打ち切りの半荘2回戦(1回戦終了後上位順入替え)で、予想通り1回

戦を勝ち上がってきたのは、男性の富塚さんと小野寺さん。お二人は普段の

教室でも極めて高い勝率を残しておられる方々で、誰もがワン・ツーフィニッ

シュを予想していました。 あとの二人は女性の金田さんと加地さん。

 金田さんは本業のオカリナ演奏に忙しくて最近は登板回数も少なく、あまり

成績もふるわなかったものの、本番に強いところをみせて上位卓へ参入。

 加地さんは参加者の中では最も経験の浅い方ですが、最近の成績は常に

上位に入る上昇株。第1卓は、この4名によって熾烈な優勝争いが繰り広げ

られました。

 第2卓、3卓でも逆転優勝を目指し大物手を狙って大奮戦。何しろ優勝賞金

一億円という大試合、みなさん真剣に打牌を愉しんでおられました。

 その結果、なんと見事優勝を果たしたのはオカリナの金田さん。2戦とも402

点(勝点102)のトップで、合計勝点204の完全優勝です。そして二位に入った

のは、やはり女性の加地さん。女流雀士のお二人が実力派男性雀士のお二

人を抑えての上位独占は、誰も予想しなかった快挙です。恭喜恭喜!

 麻雀は囲碁や将棋と違って上級者がいつも勝つとは限らない。実力と運と

がバランス良く混ざり合った競技であり、麻雀を楽しむ者には“下手な者”は

いない。勝った時には“自分は上手い”と思い、負け時には“今日はツイてい

なかった”と考えればいい。麻雀の魅力はここにある。

太好了!大物手続出2010年11月26日 22:25

 今日の麻雀教室は大物手が続出した。まずは小野寺さんの小三元

混老頭、混一色だ。花牌や風牌などを入れて締めて119点、二人から

の基礎点を加えれば計135点というビッグなあがりである。小野寺さ

んは国際麻雀を始めてまだ2ヶ月と日が浅いが、現役時代に不健康

麻雀で鍛えた腕はまだ錆び付いていない。日に日に国際ルールを吸

収し、ベテランのお姐様方と、既に互角に戦っている。

 先輩の意地を見せたのが、いつも元気一杯笑顔で教室を盛り上げ

てくれる下村さん。今日はなかなかあがれなかったのだが、後半つい

に大きな手を完成させた。「全中:ちゅあんじょん」という中国麻雀独特

(国際ルールは中国統一ルールのこと)の手だ。萬子、索子、筒子の

数牌だけを使用し、しかも四・五・六の中央牌だけで四面子と雀頭を

作らなければならない。通常ポンやチーをして他人の力を借りて作る

ケースがほとんどだが、彼女は面前でしかも平和・三色を自摸あがっ

た。三人から44点づつ、計132点という小野寺さんの小三元に匹敵す

る大物である。

 さらに驚いたのは、今日が2度目という水鳥さんだ。序盤に小野寺

さんに小三元・混老頭を直取りされ大きく凹んだにも係わらず、大物

手こそ無かったもののその後コツコツと地道に自摸あがり、終わって

みれば何とトップになっていた。まさにビギナーズラック、だから麻雀

は面白い。勝っても負けてもみんなが笑顔で終われる、これがコム

ハウスの健康麻雀のいいところである。

勝てば腕、負ければ運2010年11月19日 23:25

 今日の麻雀教室に新人さんが一人みえられました。勿論麗しき女性

です。最近コムハウスのパソコン教室に通い始められた方で、会報を

ご覧になり興味を持たれたそうです。麻雀は今までまったく経験が無

いそうで、牌の種類や呼び名から始めることにしました。隣では先輩

達が慣れた手つきで冗談を飛ばしながらポン・チーと愉しそうに興じ

ています。

 麻雀の楽しさは一度やってみれば誰もが納得することですが、私は

その偶然性に大きな魅力があると思っています。囲碁や将棋は、十中

八九上級者が勝ちます。技量の善し悪しが明確にそのまま勝敗に顕

れるゲームだからです。二人だけで対戦しますので他にクッションを設

けることが出来ないのも、技量の差が際立ちます。

 ところが麻雀は技術だけでは勝てません。運も味方につけなければ

どんなに上手く打っても勝つことはできません。逆に言えば腕はもう

ひとつという方でも、運を味方につければ勝つことができます。更に

四人でやっていますので、災いを他に逸らすこともできますし福を他

から頂戴することもできます。

 この運と技術とメンバーとの相性とが渾然一体となって勝敗の行方

を決めるところが麻雀の奥深さであり、何とも言えない麻雀の魅力と

なっています。麻雀をやる人は負けた時には“ツイていなかった”と自

らを説得し、勝った時には“私はやっぱり上手いのだ”と自己満足に

浸ります。私の経験上、囲碁や将棋で負けた時の悔しさに比べ麻雀

で負けた時の悔しさはさほどではありません。自尊心を傷つけずに済

む精神衛生上実に都合の良いゲームです。