罪滅ぼしに2017年02月20日 18:47

 

 今日は先週の罪滅ぼしに、カミさんの見たかった「恋妻家宮本」を見てきた。
先週は9時半開演で、観客が僅か7人と寂しかったので、今日は11時半から
のステージにしてみたが、何と我々二人だけの貸し切りであった。

 主演の阿部寛と天海祐希は期待通りの演技を見せてくれたが、思わぬ名優
を発見した。男子生徒役の井上克也君の演技が秀逸だった。

 複雑な家庭(母親の浮気と厳格な祖母との冷戦や祖母の過度な干渉)環境
の弱みを見せまいと、クラスでは陽気に振る舞う男子中学生”ドン”役を見事に
演じていた。今後、大いに活躍する予感がする。

 劇中、離婚の危機を感じている宮本(阿部寛)が、悩んだ末妻(天海祐希)に
言った”正しい者と正しい者がぶつかれば戦争になるが、優しさと優しさがぶつ
かっても争いにはならない。”という言葉が心に残った。

 エンドロールでは従来の字幕だけの退屈なものではなく、背景に出演者全員
が踊りながら”明日があるさ”を歌い継ぐという観客を飽きさせない工夫がされ
ていた。以前に見た”超高速参勤交代”も同じ配慮がされており、エンドロール
を最後まで見る私のような映画ファンには嬉しい配慮である。

危うし!シネプレックスつくば2017年02月17日 08:01

 

 今週月曜日、妻と一緒に映画を見に行った。シネプレックスの会員ポイントが
貯まり、無料サービスを受けられるというので妻に急かされて出かけたものだ。

 妻は「恋妻家宮本」が見たいと言い、私は「沈黙」が良いと、二人の意見が対立
したので、孫が見て来て盛んに薦めていた「ミスペレグリンと奇妙な子供達」を
見ることにした。

 朝の9時半と早い時間の上映であったので、観客は我々を含めて僅か7人と
寂しい館内であった。 寂しいのは館内だけで無く、以前は行列をなしたチケット
売り場も閑散とし、スタッフは隣のスナック売り場と兼任,入場口のモギリも省略
と、著しいスリム化が図られている。

 肝心の映画の方はと言うと、やはり子供向けのものであり、幼い子供が母親と
一緒に愉しむもので、シルバーのジジババには不向きな映画であった、帰路の
車中にてカミさんに詰られたのは言うまでもない。


コラッ!鉄矢2017年02月16日 08:14


 昨日の誤りを訂正し、リスナーに対してのお詫びがあるものと
期待していたが、今日も何事もなかったかのように始まった。
武田鉄矢の「今朝の三枚卸」である。

 しかも、今日のテーマは”ピタゴラスの定理”であった。相棒の
水谷アナに説明する体で、その証明を語っていたのだが、その
内容から明らかにご自身が理解されていないことが伺われる。

 十分な仕込みをせぬまま、ぞんざいにぶつ切りされた”刺身”を
食べさせられたような、嫌な気分でスタートした朝であった。