罪滅ぼしに2017年02月20日 18:47

 

 今日は先週の罪滅ぼしに、カミさんの見たかった「恋妻家宮本」を見てきた。
先週は9時半開演で、観客が僅か7人と寂しかったので、今日は11時半から
のステージにしてみたが、何と我々二人だけの貸し切りであった。

 主演の阿部寛と天海祐希は期待通りの演技を見せてくれたが、思わぬ名優
を発見した。男子生徒役の井上克也君の演技が秀逸だった。

 複雑な家庭(母親の浮気と厳格な祖母との冷戦や祖母の過度な干渉)環境
の弱みを見せまいと、クラスでは陽気に振る舞う男子中学生”ドン”役を見事に
演じていた。今後、大いに活躍する予感がする。

 劇中、離婚の危機を感じている宮本(阿部寛)が、悩んだ末妻(天海祐希)に
言った”正しい者と正しい者がぶつかれば戦争になるが、優しさと優しさがぶつ
かっても争いにはならない。”という言葉が心に残った。

 エンドロールでは従来の字幕だけの退屈なものではなく、背景に出演者全員
が踊りながら”明日があるさ”を歌い継ぐという観客を飽きさせない工夫がされ
ていた。以前に見た”超高速参勤交代”も同じ配慮がされており、エンドロール
を最後まで見る私のような映画ファンには嬉しい配慮である。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moreagree.asablo.jp/blog/2017/02/20/8370466/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。